食農教育

食農教育のスタンス

JA(農業協同組合)であることを生かし、“食”と食の源である“農業”について情報を発信しています。

食と農を結ぶ

  • 食育ではなく、食とその過程の農を学ぶ“食農教育”を行う。
  • JA(農業協同組合)の機能を生かし、農の教育に力を入れる。

左上: 田植えと稲刈りを体験(川路保育園)
右上: 収穫したお米を使い、親子で五平餅づくり(川路保育園)

地域とJAを結ぶ

  • 地域特有の文化や風土を次世代へ伝える。
  • JAの関連組織と協力し、地域連帯をつなぐ架け橋となる。
  • 農業の活性を通じて地域内活性化まで。

左上: 脱穀後のわらを使って、わら細工を教えてもらう(泰阜南小学校)
右上: 地元のJA祭で農産物の販売体験(松川わんぱく農業体験)

消費者とJAを結ぶ

  • JAみなみ信州という顔を消費者に知ってもらう。
  • 美味しくて、安全・安心な農畜産物を消費者に知ってもらう。
  • 普段食べている食物のできる現場を見て、感じてもらう。

左上: 岐阜の子ども達が1泊2日で農業体験(JAめぐみのわんぱく農業体験)

地域の活動を支える

  • 地域の活動を様々な面から支援しています。
  • 地域の支所・事業所が小学校で相談にのり、精一杯の支援を行います。

左上: ジャガイモの植え付けを手づくりの教材で指導を行う(泰阜南小学校)
右上: 親子でフラワーアレンジの体験、材料の提供や指導を行う(松川ちゃぐりんフェスタ)

ページTOPへ