ふるさと再発見

矢高諏訪神社  【所在地】飯田市鼎下山

矢高諏訪神社  【所在地】飯田市鼎下山

飯田下伊那地域で最も早い秋祭りとしても知られる飯田市鼎の矢高諏訪神社は、鎌倉時代の建保二年(1214年)、当時の松尾城主 小笠原長径が松尾城の鬼門に当たる北東方角の地に諏訪大明神を勧請し、七月二十七日...

伊豆木人形クラブ 住所:飯田市伊豆木

伊豆木人形クラブ          住所:飯田市伊豆木

飯田市三穂地区に古くから伝わる伊豆木人形の浄瑠璃は、江戸時代後期に伊豆木のお殿様が民衆に人形の頭を分け与えたのが始まりとされ、盛んに上演されていましたが、他の娯楽が増えることで、大正時代に上演は途絶え...

飯田市山本出身の女志士  「松尾多勢子」

飯田市山本出身の女志士  「松尾多勢子」

飯田市山本の丘陵地に松尾多勢子の生家竹村家があります。
竹村家のすぐ裏手には伊那谷と木曽谷を結び中仙道へとつながる清内路街道があります。
多勢子は文化8年(1811)、信濃国伊那郡...

片桐宿かいわいと2つの寺        住所:松川町上片桐

片桐宿かいわいと2つの寺        住所:松川町上片桐

飯田下伊那地域の北の玄関口にあたる松川町上片桐地区は、果樹栽培が盛んで、みなみ信州管内でも有数の果樹地帯です。
上片桐には、三州街道の要所である片桐宿がありました。
三州街道(別名...

泰阜村稲伏戸区(イナフシド)~瑠璃光薬師如来により結束した集落~(泰阜村)

泰阜村稲伏戸区(イナフシド)~瑠璃光薬師如来により結束した集落~(泰阜村)

狭くて長い一つの洞に20戸余りが暮らしている泰阜村稲伏戸区は、ほとんどが傾斜地の為、1戸あたりの耕作面積は3㌃ほどの山深い地域です。
この集落の中央には立派な薬師堂があり、厨子に安置されてい...

根本が一体化した4本の家族杉"観音大杉"(飯田市南信濃)

根本が一体化した4本の家族杉

飯田市南信濃和田の龍淵寺は大永元年(1521年)に、遠山郷の領主・遠山氏の菩提寺として開創されました。
境内には根本が一体化し、一列に並んだ4本の大杉があり"観音大杉"と呼ばれています。

行こう!みなみ信州

  • 行こう!みなみ信州 トップ
  • みなみ信州MAP
  • ふるさと再発見
    月別に見る
ページTOPへ