ふるさと再発見 - 人物

飯田市山本出身の女志士  「松尾多勢子」

飯田市山本出身の女志士  「松尾多勢子」

飯田市山本の丘陵地に松尾多勢子の生家竹村家があります。
竹村家のすぐ裏手には伊那谷と木曽谷を結び中仙道へとつながる清内路街道があります。
多勢子は文化8年(1811)、信濃国伊那郡...

喬木村出身の名力士「高登」(たかのぼり)

喬木村出身の名力士「高登」(たかのぼり)

今年の大相撲九州場所で、御嶽海(みたけうみ)は長野県出身力士としては84年ぶりに三役に昇進しましたが、その84年前の昭和7年(1932年)小結に昇進したのが喬木村出身の高登でした。
高登(本...

高森町の松源寺で12年間をすごした亀之丞(井伊直親)

高森町の松源寺で12年間をすごした亀之丞(井伊直親)

2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に登場する亀之丞(井伊直親)は、遠州(静岡県)の井伊家23代当主で、物語の主人公である直虎(直虎は22代当主直盛の一人娘)の許嫁でした。
今川...

上沼正雄・鉄男

上沼正雄・鉄男

市田柿の商品化に努めた第一人者、上沼正雄氏。息子の鉄男氏は、戦後、東京や名古屋の市場進出を果たします。上沼さん親子は、生涯をかけて市田柿を世に広めた先駆者として大変重要な人物です。

最澄と神坂越え

最澄と神坂越え

伝教大師最澄は、東山道の難所神坂峠麓園原に、旅人のお助け小屋として広拯院を立てました。現在、大師像が建立されています。

柳田 國男

柳田 國男

日本民俗学の創始者、柳田國男は、兵庫県に生まれて信州飯田の柳田家の養子となり、飯田を先祖の地として深く慕っていました。

行こう!みなみ信州

  • 行こう!みなみ信州 トップ
  • みなみ信州MAP
  • ふるさと再発見
    月別に見る
ページTOPへ