もなりん桃祭りが大盛況

大勢の人でにぎわう店内

大勢の人でにぎわう店内

末吉君のテレビインタビュー

末吉君のテレビインタビュー

松川町のJAみなみ信州直売所もなりんは29、30日に桃祭りを開きました。

同JA松川インター選果場といいだ果実選果場では、主力のあかつき、白鳳の選果が23日から始まり、出荷作業のピークを迎えています。
同店は、旬の桃を多くの方に食べていただく為に、同イベントを毎年この時期に企画し、祭りに合わせ、贈答用以外にも規格外品を3,000箱用意しました。
29日、開店1時間前の午前8時には、店舗前に開店を待ちわびて客で長い列ができ、開店と同時にお目当ての桃を買い求める客で店内はいっぱいになり、飛ぶように桃が売れました。
福井県から桃を買いに訪れ、規格外品30箱や贈答用の桃を購入した来貢(らいみつぐ)さん(65)は「ここの桃は安くて美味しいので毎年来ています。沢山買って知り合いにプレゼントするととても喜ばれます。今年も沢山買えて良かったです」と笑顔で話していました。
また、JA長野県全体で展開している"信鮮信旬キャンペーン"の一環として、タレントの末吉くんが応援に駆けつけ、桃のPRを行い、祭りを盛り上げました。
同店の清水敏文所長は「大勢の方にご来場いただきとてもありがたいです。あかつき、白鳳はお盆前くらいまで出荷が続くので、桃祭りが終わっても多くの方に来ていただきたいです」と話しました。
 
  

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ