• ホーム
  • NEWS
  • 富草小の稲刈り実習/地元JA理事が先生

富草小の稲刈り実習/地元JA理事が先生

稲を束ねる生徒たち

稲を束ねる生徒たち

下伊那郡阿南町の富草小学校は9月21日、JAみなみ信州阿南支所の松下厚理事を講師に、同小学校近くの田んぼで稲刈りを行いました。

同小学校の5年生(木下耕一先生、10名)は、1年を通しお米作りに取り組んでおり、この日は同小学校4年生8名も参加し、稲刈りとはざ掛けの作業を1時間ほどで行いました。
家でも稲刈りの手伝いをするという佐々木航央さん(5年生)は「みんなでできて楽しかった。自分たちの作ったお米で収穫祭をするのが楽しみ。」と話しました。
同校では3㌃の田んぼを借り、5年生みんなで決めたミルキークィーンを育てました。
松下理事は「春に植えた小さな苗からこんなに大きな稲になりました。みんなも朝昼晩とお米をしっかり食べて、この稲に負けない丈夫な体を作ってください。」とお願いしました。
はざ掛けしたお米は2週間ほど干した後脱穀作業をし、収穫祭を迎えます。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ