• ホーム
  • NEWS
  • 女性部山本支部で迎春フラワーアレンジメント教室を初開催

女性部山本支部で迎春フラワーアレンジメント教室を初開催

講師の説明を聞き、真剣な表情の参加者

講師の説明を聞き、真剣な表情の参加者

JAみなみ信州女性部山本支部(遠山幸江支部長)は12月15日、当JA山本支所で、初めてのお正月用フラワーアレンジメント教室を行い、同支部員29名が参加しました。

講師は、当JA子会社の㈱JAサービス 「虹の花工房リブラン」の5名が務めました。
若松、雲竜柳、ピンポンマム、スカシユリ、カーネーション、南天など11種類の花材を使い、参加者は講師の大平友保さんの説明を聞きながら、長持ちするように、また華やかできれいに見えるように工夫しながら、丁寧に花を挿していき、1時間半ほどでアレンジメントフラワーを完成させました。
今回の花は、水遣り等の管理を行えば、1ヵ月以上は枯れずに咲いている花で、年末から正月にかけての期間を十分に楽しむことができます。
遠山支部長は「多くの皆様に参加いただいてよかったです。また、リブランがあるので依頼をしやすくありがたいです。フラワーアレンジメントは、本会のきらめきセミナーで開催して好評でしたので、支部でも開催しました。支部単位で行うと皆さん参加しやすいので、今後も様々なイベントを行っていきたい」と話していました。
「虹の花工房リブラン」は、特産の地元の花をPRしようと、4年前に誕生した部署で、毎月2回のカルチャー教室を開催している他、当JA各支所でのフラワーアレンジメント教室でも花を提供し講師を務め、地元の花のPRに一役かっています。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ