• ホーム
  • NEWS
  • 直売所企画[南信州ぐるっとひと巡り」最終抽選会/たくさんの応募でイベントを締めくくる

直売所企画[南信州ぐるっとひと巡り」最終抽選会/たくさんの応募でイベントを締めくくる

抽選会を行う松島副会長㊧と井原さん㊨

抽選会を行う松島副会長㊧と井原さん㊨

JAみなみ信州農畜産物直売所連絡協議会は、1月5日飯田市鼎東鼎の営農部で「南信州ぐるっとひと巡り」の最終抽選会を行いました。

当日は、同協議会の松島由利子副会長(62)、役員の井原吉博さん(53)が12月に受け付けた応募シートから、うまいんだに賞5人(5,000円相当の農畜産物、今回:みなみちゃんポーク・みなみちゃんハムなど詰め合わせ)、ありがとなん賞10人(2,000円相当のAコープ賞品セット)、またおいでなん賞25人(500円まごころ商品券)、また全期間を通して17店舗すべてのレシートを貼付した方が応募できる特別賞5人(10,000円相当の南信州牛とSPF豚すき焼きセット)の最終抽選会を行い、当選者が決まりました。
12月に受け付けた応募者95人、条件を満たした特別賞への有効応募者数10人となり、全期間の応募者総数は325人と大勢の参加がありました。
そのうちから全期間でおよそ200人の方が賞を受け取りました。
初めての試みとなった「南信州ぐるっとひと巡り」は、それぞれの店舗での条件を満たしたレシートを応募用紙に添付し、巡った店舗数に応じた賞を設け、参加のしやすさといろんな直売所を見てもらう工夫をしました。
同協議会では、防除記録のチェックや各種研修会による安心安全な農畜産物の徹底に努めており、地域の利用者へ周知する一つとしてこのイベントを企画し、当JAの直営直売所3店舗の他、管内Aコープ店内、委託店内やファミリーマート店内の14店舗、合計17店舗の同協議会に加盟する直売所があり、認知度向上、来店数のアップを目的に昨年8月10日から12月末までの期間で企画しました。
松島副会長は「始まったころは応募が少なく心配でしたが、最終的にはこんなに多くの方に参加していただきうれしかったです。
管内にある17直売所をより多くの方に知ってもらう機会になってよかった。」と話しました。
今回の企画は最低でも3店舗以上のレシートが必要となり、地区外の方には参加条件が難しかったことなどの課題が出ました。
今回の結果や反省を活かし、直売所の利用向上に向けた次回の企画を同協議会で検討していく予定です。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ