• ホーム
  • NEWS
  • JAファームみなみちゃん店リニューアルオープン

JAファームみなみちゃん店リニューアルオープン

オープンと同時にお目当ての品を求めて

オープンと同時にお目当ての品を求めて

JAみなみ信州は2月16日、飯田市鼎のJAみどりの広場構内にあるJAファームみなみちゃん店をリニューアルオープンさせました。

10時のオープンを待つお客さんの列もでき、オープンと同時に店内外の売場は多くの利用者でにぎわいました。
週に一度ほど利用している同市鼎の鷲美均さんは「店舗が広くなって陳列もすっきりした印象です。なにより、肥料売場に屋根がついてありがたい。」と話しました。
同店の羽場崎聡店長は「今まで陳列できなかった品物が置けたり、品物ごとまとまった商品陳列ができるようになったので、お客様が探し安くなりました。これからも利用しやすい店舗づくりに心がけて、喜ばれる店舗にしていきます。」と話しました。
同店は、店舗隣の会議室「みなみちゃんホール」を改修し店内生産資材売場の面積を改修前66坪から106坪に拡張し、農家以外のお客さんの利用できるよう店舗内に新たに花や鉢物を扱うグリーンコーナー19坪を新設、改修後は1.7倍の売り場面積となりました。
また、店舗前には今までにはなかった専用の屋根付き肥料置場を設置したことで利用者の品物選びを容易にしました。
2004年3月にオープンした同店は、2009年に当JAのグループ会社㈱ジェイエイサービスの葬祭場「にじのホール鼎」建設に伴い売場面積が縮小していました。
商品の品揃え、陳列方法やレジ回りが混雑するなどの課題があり、「拡充してほしい」との利用者からの要望もあがっていました。
リニューアルオープンのテープカットを行った当JAの寺沢寿男専務理事は「リニューアルした店舗は品揃えもしっかりしお客さまの希望に添えるものとなりました。地域農業の拠点として情報を発信するとともに、地域の皆様にもご利用をお願いします。」とあいさつしました。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ