• ホーム
  • NEWS
  • 仲間作りのきっかけに 第8期女性大学閉講式

仲間作りのきっかけに 第8期女性大学閉講式

第8期女性大学受講生の皆さん

第8期女性大学受講生の皆さん

JAみなみ信州は4月13日、飯田市のJA伊賀良支所で女性大学第8期(2017年5月~2018年4月)の閉講式を行い、受講生54名のうち出席した35名の卒業生が当JAの三村諭吉常務理事より一人ひとり修了証を受け取りました。

同大学は今期、JA事業を活かした車のセルフチェックや、交通事故時の対応や、ミニ門松作りなどの通常コース11回と、土作りから行った農業コース7回の講座を開きました。
三村常務は「充実した日常を送るためには色々なことに興味をもってチャレンジすることと仲間作りが大切です。この大学をきっかけに仲間で様々なことにチャレンジしていただきたい。」と話しました。
全講座に出席した2名が皆勤賞、7割以上出席した14名が精勤賞を受賞しました。
皆勤賞を受賞した林美里さん(高森町)は「子どもと参加した"きのこのもぎ取りとカレー作り"や"花とハーブの寄せ植え"が印象に残っています。毎回違う講座が楽しくて来期も受講したいと思います。」と話しました。
同大学の卒業生などで結成された当JAフレッシュミズグループ「アグリ☆ママン」(会員15名)も今年で2年目を迎え、育てたさつま芋からの干し芋や白菜キムチ作りなど活発に活動を行うなど、同大学が仲間作りのきっかけの場として機能しています。
第9期は5月に開講し、通常・農業コース併せて年間18回の講座を予定しています。



NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ