• ホーム
  • NEWS
  • JA取引業者による商品研修会に大勢が参加

JA取引業者による商品研修会に大勢が参加

大勢の人で賑わう会場

大勢の人で賑わう会場

JAみなみ信州経済部は6月12日、JAの取引業者12社と全農長野担当者を集め、飯田市鼎の本所で女性部各支部の役員を中心に約120人が参加して商品研修会を開きました。

当JAは、安全・安心な食品や商品の品質の高さを女性部役員に理解してもらい、各家庭はもちろん、各支部の事業にも活用してほしいと考え、毎年この時期に同研修会を実施しています。
この日参加者は8グループに分かれ、全農長野の担当者によるJAまごころ宅配のPRと、参加業者7社が各テーブルで商品説明を行いました。
各グループを回った商品説明では、米油や米ぬか石鹸(築野食品)、塩麹パウダーや漬物の素(厚生産業)、米粉で作られたもちもちパン(星野物産)、トマトジュースやスポーツウォーター(ゴールドパック)を試食やサンプルを交えながら説明し、エークックの担当者が自社の中華鍋などを使用しての鶏肉の塩麹パウダー焼き、トマトの炊き込みおこわ、さつま芋の柚子胡椒和えや、100%県内産の小麦粉を使用したひやむぎ(沢製麺)などが試食として提供されました。
食品以外には、枕や布団(東洋羽毛)、電動歯ブラシや歯磨き粉(サンギ)、拡大鏡(ハズキルーペ)などが紹介され、介護用品(ジェイエー長野会)、フレッシュミズとの協同開発したほめられ酢(大興産業)、かりんとう(永滝食品)などの販売ブースを設けました。
まごころ宅配の研修では、全農長野生活課の冨山あけみ管理栄養士が、各コースの内容やAコープマーク品、宅配オリジナルの無添加こだわり商品について説明しました。
冨山さんは「まごころ宅配ではハムなどの加工品に見た目をよくするための添加物を入れていません。扱う食品は安心安全にこだわった物なので、小さな子どもがいる家庭には特におすすめです。」と話しました。
同研修会に参加した飯田市山本の熊谷弘子さんは「この研修会で改めてAコープの商品が安心安全なものだと分かりました。油や飲料は日常で使うものなので、少しでも健康にいいものを使っていきたい。」と話しました。
商品説明の後、通常価格よりも安く提供された商品を購入しようと各ブースで列が出来ていました。
女性部では今後、各支部での商品研修会を行い、食や生活の充実に役立てていきます。
 

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ