• ホーム
  • NEWS
  • 子山羊市場大賑わい 一英明さん(飯田市)が初の長野県知事賞受賞

子山羊市場大賑わい 一英明さん(飯田市)が初の長野県知事賞受賞

賑わう子山羊の競り会場

賑わう子山羊の競り会場

JAみなみ信州畜産協議会、当JA、JA全農長野県本部は7月11日、飯田市大瀬木の三尋石集畜場で「第70回下伊那子山羊市場」を開催しました。

県内で唯一の同市場は全国的にも珍しく、さらに同市場の子山羊は全て血統書が発行される日本ザーネン種で、登録された山羊の市場としては日本で唯一です。
雌13頭、雄7頭が出品された子山羊の共進会では、畜産技術協会や県飯田家畜保健衛生所の役職員らが審査員を務め、体格や乳房、生殖器の形質などを評価しました。
審査の結果、飯田市の一英明さん(51)が出品した雄子山羊が県知事賞に選ばれました。
今回初めて県知事賞を受賞した一さんは15年ほど前にIターンで就農し有機農法にこだわった農業をしようと、山羊の飼育を始めました。
妻のあゆ子さん(46)が主に飼育をするようになって2年目で、今回初めて受賞となりました。
一さんは「まさか賞を取れるとは思ってなかったのでただただ驚いています。これからもいい山羊を出品できるよう頑張ります」と話しました。
共進会、表彰式後に行われた競りには、岩手県から大分県までの購買者約20人が参加しました。
前年より1頭少ない39頭(3月から5月までに生まれた雌32頭、雄7頭)が競りにかけられました。
雌の平均価格(税込み)は80,460円で、最高価格は213,840円、雄の平均は53,074円、最高価格は92,880円で、全頭平均では58,925円でした。

入賞者は以下の通り ◇雌の部▽特別優秀賞=城田政治さん(阿南町)▽優秀賞=川上健吾さん(下條村)▽優良賞=関島和人さん(飯田市)
 ◇雄の部▽特別優秀賞=一英明さん(飯田市)▽優秀賞=城田政治さん(阿南町)▽優良賞=原幸雄さん(高森町)


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ