• ホーム
  • NEWS
  • JA直売所イベント「ぐるっと巡ってご意見番」初回抽選会

JA直売所イベント「ぐるっと巡ってご意見番」初回抽選会

抽選を行う筒井会長(右)、長沼副会長(中央)、北林副会長(左)

抽選を行う筒井会長(右)、長沼副会長(中央)、北林副会長(左)

JAみなみ信州農畜産物直売所連絡協議会は、9月10日、飯田市鼎のJA直売所およりてふぁーむ店頭の特設会場で、直売所イベント「ぐるっと巡ってご意見番!」の第1回抽選会を行いました。

同イベントは、JA直売所運営に利用者の声を反映しようと企画し、8月1日から12月25日まで応募を受け付けます。
応募には利用した直売所のレシートの添付とアンケートへ回答することが条件で、アンケートは利用頻度や価格、商品1袋の量を5段階評価で、また利用する店舗については購入希望品目や要望などの記入欄を設けました。
またJA直売所以外の直売所を含むお気に入りの直売所ランキングも設けました。
この日は同協議会の筒井和彦会長、長沼春樹副会長、北林孝子副会長が、8月に受け付けた67口の応募の中から、うまいんだに賞(5000円相当の農畜産物、8月賞はシャインマスカット・ナガノパープルのセット)5名、ありがとなん賞(1000円のJA商品券)20名、またおいなん賞(500円のJA商品券)15名の抽選を行い、初回の当選者が決まりました。
当選者の発表は、当JAホームページに掲載するほか、各直売所へ掲載します。
今回のアンケートでは「開始時間を早めてほしい」や「品数を増やしてほしい」、「安い価格にしてほしい」などの声がありました。
中には「ちょっとした情報があると料理がしやすい」などのアイデアもあり、今後の店舗づくりに期待する声が多くありました。
抽選会を終えた筒井会長は「利用者の声は普段なかなか聞くことができない。出荷者では気づかないことが多く貴重な意見なので、より良い直売所づくりにつなげていきたい」と話しました。
同協議会は直営直売所3店舗のほか、A・コープ店内、委託店内やファミリーマート店内などの合計16店舗が加盟し、防除記録のチェックや各種研修会による安心安全な農畜産物の徹底に努めています。



NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ