• ホーム
  • NEWS
  • JAみなみ信州 竜丘支所新事務所建設始まる 

JAみなみ信州 竜丘支所新事務所建設始まる 

刈初の儀を行う寺沢組合長

刈初の儀を行う寺沢組合長

JAみなみ信州は9月26日、飯田市桐林のJA竜丘支所の新事務所予定地で、JA役職員、地権者、地元関係者、施工業者ら36人が参加して、竜丘支所建設安全祈願祭を行いました。

同支所の現在の建物は1977年(当時飯田市農協)に建設され、42年にわたりこの地域の農業振興の拠点として使用してきましたが、建物の老朽化と現在の耐震基準に満たないことから、新事務所の建設となりました。
新事務所建設にあたり建設場所の検討を重ねてきましたが、JA給油所やA・コープがある同地区に建設することで組合員や地域住民の利便性が高まると、この地を建設地に決定しました。
新事務所は、A・コープあいぱんいいだ店の東側に建設予定で、鉄骨造平屋建て、延床面積838.5㎡、建設費約1億9700万円で、来年6月末に完成に向け建設していきます。
新事務所には現在の支所同様に金融課、共済課、組合員課の営業スペースと会議室などが設けられます。
寺沢寿男組合長は「現在の事務所は40年余の長い間、地域農業の拠点として組合員の拠り所になってきました。新しく建設する施設についても、将来にわたり地域の農業と暮らしに貢献する施設にしていきます」とあいさつしました。
同建設地からは古墳時代や奈良時代の住居跡と思われる遺跡が発見されておりその遺跡調査が終了したことから、この日同祈願祭となりました。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ