• ホーム
  • NEWS
  • JA三穂青年の会が支援~小学生の稲刈り体験~

JA三穂青年の会が支援~小学生の稲刈り体験~

青年の会会員の指導を受け稲刈りをする児童

青年の会会員の指導を受け稲刈りをする児童

JA三穂青年の会は9月27日、飯田市立三穂小学校の5年生児童9名と同校近くのおよそ5㌃の田んぼで、稲刈り授業を行いました。

昨年、同校から米作りの指導をしてほしいと依頼があり、今年が初めての取り組みで、春には田植えをし、今回稲刈りの指導を行いました。
収穫後に餅つき体験もできたらと、もち米(もちひかり)を栽培することに決め、育ててきました。
同校5年生は米の品種などを調べる学習も授業で行っており、学びと体験が同じ時期となったことで、児童の農や食に対する関心が増しました。
稲の収穫はこの日が初めての児童ばかりで、慣れない作業に鎌を持つ手や腰が痛む中、みな夢中でおよそ1時間刈り取り作業を行いました。 
作業を終えた児童は「楽しかった」「簡単だけと大変だった」などと話しました。
担任の武田信孝教諭は「いい経験をさせていただきありがたい。収穫したもち米を使った餅つきなどの収穫祭を児童と計画していきます」と話しました。
同会の林賢志さんは「真剣に作業する姿に頼もしい気持ちになりました。みんなで作ったおいしいもち米なのでしっかり味わって楽しんでほしい」と話しました。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ