• ホーム
  • NEWS
  • 青年部伊賀良支部 保育園児とサツマイモ掘り

青年部伊賀良支部 保育園児とサツマイモ掘り

JAみなみ信州青年部伊賀良支部(木下義隆支部長)は10月21日、同支部が管理する畑「にこにこ農園」で同部員6名が参加し、地区内4保育園(伊賀良、育良、中村、殿岡)の年長園児121人とサツマイモの収穫を行いました。

園児らは5月に500本の苗を植え、近くの殿岡保育園では散歩しながら水やりや成長を見守るなどしてこの日の収穫を心待ちにしていました。
青年部員は収穫しやすいように事前につるを切り、うねを軽く掘り起こすなど畑を整備し園児を迎えました。 
園児は他の園の子とペアになり、お互いの名前と顔を覚え、協力しあいながら、土を手でかきわけ次々とイモを掘り出しました。今年は全体的に大きなイモが多く園児大喜びで、畑には元気な歓声が沸き起こっていました。 
同じ小学校へ入学するこの4保育園では、入学時から仲良く勉強ができるようにと合同行事で交流を図っていて、このサツマイモの苗植えと収穫も毎年の行事として定着しています。
収穫したサツマイモは、保育園の行事や給食用に使用し、一部はJA伊賀良支所の収穫祭でも販売し、同青年部が行っている食育活動を地域に発信していきます。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ