• ホーム
  • NEWS
  • JAみなみ信州グループ役職員全体研修会

JAみなみ信州グループ役職員全体研修会

寺沢組合長訓示

寺沢組合長訓示

寺沢組合長から表彰を受ける職員

寺沢組合長から表彰を受ける職員

JAみなみ信州は1月17日、飯田市高羽町の飯田文化会館で、JA役職員やグループ会社のオートパルいいだ、ジェイエイサービス、天龍社、市田柿本舗ぷらうの役職員ら約850名が集まり、JAみなみ信州グループ役職員全体研修会を行いました。

同研修会はグループ役職員が一同に会し、JA役員の考えを共有し、来年度の経営方針を全体で確認、共通認識を高めることを目的に毎年開催しています。
同会であいさつにたった寺沢寿男組合長は「私たちが置かれている環境は、少子高齢化やマイナス金利政策の影響など多くの要因により厳しさが増しています。このような大きな時代の変化の中、地域農業と組合員のくらしを守るために、組合員や地域の皆様にとって『なくてはならないJA』となるべく、役職員が同じ目標に向かって、一致団結して進んでいきたい。経営基盤の確立のため、今年は組合員の皆様にご理解をいただく中で構造改革を進めていきます。組織も大きな変革になりますが、目標に向かってグループ役職員一丸となって歩みを進めていきましょう」と決意を述べました。
同会の中で、令和2年度経営方針が小林専務から示されたほか、永年勤続者表彰(30年13名、20年9名※グループ会社1名含む)、功労表彰、今年度発足した㈱夢ファームみなみ信州の事業紹介、コンプライアンス研修を行いました。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ