• ホーム
  • NEWS
  • ファミリーマートJA上片桐店 2度の特殊詐欺被害防止で「詐欺防止優良店」認定

ファミリーマートJA上片桐店 2度の特殊詐欺被害防止で「詐欺防止優良店」認定

感謝状と認定証を授与された山本店長

感謝状と認定証を授与された山本店長

JAみなみ信州の子会社、㈱JAサービスが運営するファミリーマートJA上片桐店は1月31日、特殊詐欺の被害を未然に防止したとして、飯田警察署から感謝状を授与されました。また、今回の詐欺被害未然防止は昨年6月に続き2度目となり、「あなたの街のサギ防止優良店」に認定され認定証も授与されました。同認定は、詐欺を2回防止した店舗等が認定され、同店は県下で41番目の認定となりました。


令和年1月10日午後5時半頃、70歳代女性が同店に来店しPOSAカード(電子マネー)5万円分を6枚合計30万円分を購入しようとしました。携帯電話で通話し指示されながら購入しようとする同女性に違和感を感じた店員が、「詐欺ではないか」と注意を促しましたが、同女性は絶対に違うと言い張り、仕方なく販売しました。その間、同店店長の山本志穂さんは、共犯者からだと思われる架空注文の電話を受けておりレジに向かうことができませんでした。山本さんがレジに戻った時には、同女性はPOSAカードを購入し駐車場にて同店舗の灯りを頼りにカード番号を犯人に伝えようとしていました。山本さんは再度「詐欺ではないか」と言いいましたが聞かないので、警察に通報し説得をしてもらいました。カード番号は犯人に伝わっていなかったため、カード代金を返金処理し被害を未然に防ぐことができました。
同警察署によると、女性は身に覚えのないウェブサイトの利用料が未納になっているとの電話を受け不安になり、そのまま指示に従ってPOSAカードを購入して架空の請求を支払おうとしていたということです。
山本マネージャーは「様々な所で特殊詐欺に対する注意を促しているのに、未だに詐欺被害が止まらない。巧妙になる特殊詐欺についてスタッフと共有しながら、今後も信頼される店にしていきたい」と話しました。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ