担い手支援

担い手支援の概要

南信州で就農を考えている方や就農している方に対し、JAと行政が協力し様々な支援を行っています。南信州で地域や農業を盛り上げてくれる方をJAは支援します!
※みなみ信州では農業に携わる方を「担い手」として位置づけています。

JAが主体となって行う支援

  • 新規就農者への支援
  • 帰農者への支援
  • 無料職業紹介事業

長野県農業開発公社が行う支援

  • 農地の売買・賃借

帰農塾

JAと行政が共催する帰農塾は平成19年度から始まり定年退職者等を対象に、農業収入の確保・安定、地域農業の担い手となるための育成支援を行っています。

募集要項

詳細についてはJA営農部営農企画課(TEL:0265-52-6644)、長野県南信州農業農村支援センター(TEL:0265-53-0436)までお問い合わせください。

対象者

退職後、農業経営に取組む意欲があること。基礎的な内容を学び、直売所出荷・JA出荷を目指せること。

開催期間

4月の開講式後、各コース年間5回程度の講座を行う。講座は原則として平日行う。

開催場所

講義は現地指導を含めて行います。現地圃場・JAみどりの広場・飯田合同庁舎・県南信農業試験場 など。

受講料

  • 1人3,000円/年

コース

  • 基礎講座
    農業経営に必要な基礎項目を塾生全員で研修します(土づくり,農業機械操作,農業簿記、農薬管理など)

  • 専門講座
    • りんごコース…栽培技術の習得。
    • 柿コース…栽培・加工技術の習得。
    • トマトコース…栽培技術の習得。
    • きゅうりコース…栽培技術の習得。
    • アスパラガスコース…栽培技術の習得。

無料職業紹介事業

事業内容

  • 無料で農作業の仕事を紹介し、労務管理などの事務作業をJAが行う
  • 高齢化する農業従事者の農作業を支援

運営基本方針

  • 労働法・職業安定法を遵守し、求人・求職を受理いたします。
お問い合わせ

JAみなみ信州営農部営農企画課
TEL:0265-52-6644

認定農業者制度

認定農業者制度は、意欲がありこれからの農業を担っていく人を支援・育成することを目的とした制度です。認定されれば行政からの様々な支援を受ける事ができるため、ぜひ認定へ向け取り組みましょう。
詳しい内容について
もっと詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

お問い合わせ

各市町村窓口

ページTOPへ