八つ頭(ヤツガシラ)芋のコロッケ

【今月のエプロンサポーター】阿南地区担当 平松和子さん、青木美恵子さん一押しレシピ

八つ頭(ヤツガシラ)芋のコロッケ

【材料:5~6人分】

・八つ頭芋(里芋)・・・正味600g
・鶏むね挽肉・・・200g
・蓮根・・・50g
・人参・・・50g
・舞茸・・・50g
・パセリ・・・一束(お好みで)
・和風だしの素・・・1包
・みりん・・・50cc
・醤油・・・25cc
・塩こうじパウダー・・・1包
・こめ油・・・適量
・小麦粉、卵、パン粉・・・適量


【作り方】

①八つ頭芋は皮を剥き適当な大きさに切り鍋に入れ、ひたひたの水に和風だしの素を振り入れ、煮立ったらみりんと醤油を加え、吸い物程度の味で煮付ける。軟らかくなったら汁を切り潰す。
②蓮根と舞茸、人参はみじん切りにして、鶏むね挽肉と一緒にこめ油で炒め、塩こうじパウダーで味をつける。
③①と②を混ぜ合わせ、適当な大きさに丸め小麦粉、卵、パン粉をつけ油で揚げる。きつね色になったらできあがり!


【POINT】

八つ頭はゴツゴツして硬いため、小芋を切り離してから皮をむきます。まな板の上で切り落とす感じで剥くといいです。

【料理の特徴】

・ほっくりおいしい八つ頭(里芋)の煮物をアレンジして和風コロッケに!寒い季節にピッタリの、体を温める根菜類をたっぷり使った一品です。舞茸をプラスして免疫力アップ!!

【旬の食材:八つ頭芋】

・八つ頭とは里芋の品種です。流通量が少なく里芋としては高価で縁起物としておせち料理によく使われます。肉質がしっかりしていて煮ると粘りが少なくほくほくした食感が楽しめるので、煮物の他にも片栗粉をつけて揚げたり、胡桃和えにしても美味しいです。
・栄養成分も一般的なサトイモに比べ沢山含まれています。

暮らしの情報

ページTOPへ