酒粕漬け豚肉とアスパラガスのオイスターソース炒め

【今月のエプロンサポーター】鼎・松尾地区担当 常盤郁子さん一押しレシピ

酒粕漬け豚肉とアスパラガスのオイスターソース炒め

【材料:4人分】

・豚ロース(焼肉用)・・・300g
・アスパラガス・・・大4本
・長ネギ・・・1/2本
・酒粕(板粕)・・・30g
・エーコープオイスターソース・・・大さじ1と1/2
・塩・・・小さじ1
・油・・・適量


【作り方】

①ボールに酒粕を細かくちぎって入れ、50ccのお湯を加えペースト状に溶かす。
②豚肉は5mm位の細切りにし、酒粕と混ぜ合わせ30分程置く。
③アスパラガスと長ネギは1cm幅の斜め切りにし、フライパンでサッと炒めてお皿に取り出しておく。
④フライパンに油を敷き、肉を炒める。少し焼き色がついたらエーコープオイスターソースを加えて絡める。
⑤③の野菜を加えて炒め、塩で味を整えたらできあがり!


【POINT】

酒粕が溶けにくい場合は、レンジで1分ほど加熱するとやわらかくなります。

【料理の特徴】

・今注目の発酵食品・酒粕の効果で、お肉がしっとり柔らかに❤オイスターソースとの相性も良く素材の旨味が増します。是非大人向けの隠し味としてお試しください!

【旬の食材:アスパラガス】

・アスパラガスにはビタミン各種や鉄分、食物繊維などなど、人が健康に生きていくために必要なものはもちろん、美容や美肌にも効果的な栄養素がたっぷり含まれており、特に穂先に栄養があります。
・保存する場合、穂先を上にするのが鉄則です。根元を乾かさないようにすると長持ちしするので濡らして立てて保存すれば、長くて1週間程度は大丈夫です。
・長く加熱してしまうとせっかくの効果が薄くなってしまうので、スープにするか、さっと炒めて食べるのがオススメです。

暮らしの情報

ページTOPへ