鶏もも肉とパプリカの照り焼き丼

【今月のエプロンサポーター】木村志津子さん一押しレシピ

鶏もも肉とパプリカの照り焼き丼

【材料:4人分】

・鶏もも肉・・・・4枚
・パプリカ赤・黄色、ピーマン・・・・それぞれ1個
・こめ油・・・・適量
・夏ネギ・・・5cm分位 緑分部分  白分部分
・塩・・・少々  
 (タレ)・・・混ぜておく
・酒、みりん、穀物酢・・・・各8 大さじ、小さじ
・きび砂糖、しょうゆ・・・・各4
・あれば豆板醤・・・・少々


【作り方】

①鶏もも肉に軽く塩をまぶす。
②油を敷いたフライパンに、皮目を押し付けるように焼き、焦げ目を付けたら裏返し、両面が焼けたら取り出し、食べやすい大きさに切っておく。
③パプリカ、ピーマンをそれぞれ大きめの乱切りにし、フライパンでさっと炒める。
④とり肉をフライパンに戻し、タレを流し入れ、強火で絡める。
⑤丼にご飯を入れ、肉と野菜を盛り付け、上に白髪ねぎにした夏ねぎを添えて出来上がり!


【POINT】

肉と野菜を分けて盛り付けるとおしゃれなカフェ風になります!

【料理の特徴】

・鶏もも肉と鮮やかなパプリカが美味しい照り焼き丼です。
・お酢はさっぱりしているので食欲のないときにオススメです。

【旬の食材:パプリカ】

・パプリカの特徴は、「カロテノイド」と呼ばれる色素が多く含まれており、からだの老化を食い止める抗酸化や、燃焼力アップなどの作用を期待できる美容にうれしい成分が含まれています。 
・パプリカを選ぶ際は、色が濃くツヤのあるもの、肉厚でハリのあるものを選びましょう。鮮度の見分け方でヒントになるのが、ヘタの部分。ピンとしているかを見てみましょう。

暮らしの情報

ページTOPへ