しめじと豚肉の赤の他人丼

【今月のエプロンサポーター】エプロンサポーター 松尾地区 宮島幸子さん一押しレシピ

しめじと豚肉の赤の他人丼

【材料:2人分】

しめじ…………1パック(200g)
豚バラ肉…………200g
卵…………4個
ミニトマト…………8個
A調味料
・だし汁…………70ml
・砂糖…………大さじ1
・みりん…………大さじ3
・しょう油…………大さじ1と1/2
・ご飯…………適量
細ネギ…………適量


【作り方】

①しめじは石づきを取って1本ずつにほぐし、豚バラ肉は3㎝幅に切っておく。卵は溶きほぐしておく。またミニトマトは縦半分に切っておく。
②火にかける前のフライパンにAの材料を合わせ、しめじ・豚バラ肉を入れて火にかける。沸いてきたら更に5~7分ほど煮て煮汁を少し煮詰める。
③味を確認し、ミニトマトを入れる。(味は卵が入るので少し濃い目でOK)
④ひと煮立ちしたら溶いた卵を3回に分けて回し入れる。
⑤丼に盛ったご飯の上にのせ、細ネギを散らせば出来上がり。





【今月のおすすめ商品】信州ポークSPF豚
信州ポークはJAグループへ出荷販売された豚の総称です。その中でも「信州SPF豚」は、全農グループが独自に育種開発した病原菌を持たない健康で高品質の豚肉です。臭みがなく、ジューシーで柔らかくあっさりとした味わいが特徴です。
SPF豚202011.JPG


【POINT】

卵を3回に分けて入れることでふわふわな食感に仕上がります。

【料理の特徴】

旬のしめじをたっぷり使った忙しい時期にぴったりの丼です。ミニトマトを入れることで酸味が加わります。

【旬の食材:しめじ】

みなみ信州はぶなしめじ栽培発祥の地。しめじをはじめとするきのこは低カロリーでダイエット食材としておすすめです。またしめじはビタミンB群が豊富なため、同じビタミンB群が豊富な豚肉と一緒に食べると疲労回復の他、スタミナアップも効果が期待できます。

暮らしの情報

ページTOPへ