春菊のおろし浸し と 天ぷら

【今月のエプロンサポーター】上郷地区 岡田 玉樹さん一押しレシピ

春菊のおろし浸し と 天ぷら

【材料:4人分】

<おろし浸し>
春菊…………80g
大根…………1/3本
にんじん…………小1本
もやし………100g
かつお節…………適量
ポン酢・めんつゆ・だししょう油など…お好みで適量

<天ぷら>
春菊…………80g
Aコープあげらく天…………1袋(100g)
水………160ml
こめ油(揚げ油)………適量
塩・七味………少々


【作り方】

クッとした食感に仕上がります。天ぷら粉以外にもお好み焼きやチヂミなど様々なアレンジが楽しめます。

クッとした食感に仕上がります。天ぷら粉以外にもお好み焼きやチヂミなど様々なアレンジが楽しめます。

<おろし浸し>
①春菊は洗って3㎝幅に切り、にんじんは5㎝の細切りにする。大根はおろして水気を絞る。
②鍋にお湯を沸かし春菊・にんじん・もやしを入れ、軽く歯ごたえが残る程度に茹でる。茹で上がったら水気を絞ってボウルに入れ、大根おろしの半量を加えて軽く混ぜ合わせる。
③②を器に盛り、残りの大根おろしとかつお節をのせ、お好みの調味料をかける。

<天ぷら>
①春菊は洗って水気をふき取り、3㎝幅に切る。
②ボウルにAを入れて混ぜ衣を作る。春菊に衣を軽くつけて、1 分ほど揚げれば出来上がり。塩と七味でいただくのがおすすめです。


【POINT】

春菊を茹でるときは色鮮やかに、また歯ごたえを残すように茹で過ぎには気をつけましょう。

【料理の特徴】

春菊のほろ苦さと香りを味わえる2 品です。おろし浸しは大根おろしでさっぱりといただけ、
おすすめです。天ぷらはあげらく天を使うことで時間をおいてもサクサクとした食感が続きま
す。

【旬の食材:春菊】

冬に旬を迎える春菊は、すき焼きなど鍋料理でよく使われます。独特な香りが特徴ですが、油と組み合わせると香りが和らぐので、苦手という方は天ぷらや炒め物といった調理法がおすすめです。葉がみずみずしく緑色が濃いものを選びましょう。

暮らしの情報

ページTOPへ