アスパラとサーモンのバターぽん酢炒め

【今月のエプロンサポーター】松尾地区 宮島幸子 さん一押しレシピ

アスパラとサーモンのバターぽん酢炒め

【材料:2人分】

アスパラ…………4本
サーモン…………2切れ(200g)
もやし…………100g
えのき…………200g
バター…………10g

〈A〉
Aコープ味つけぽん酢………大さじ1
しょうゆ………大さじ1

塩………ひとつまみ
あらびき黒こしょう………適量
ごま油………小さじ1
紅しょうが………適量


【作り方】

国産ゆずの果汁を使用した味付けに便利な一品。水炊き・しゃぶしゃぶ・湯豆腐など鍋物のつけダレや、焼肉・餃子・焼魚のタレに、またサラダのドレッシングにも使えて、用途はいろいろ。360ml と使い切りやすい容量です。

国産ゆずの果汁を使用した味付けに便利な一品。水炊き・しゃぶしゃぶ・湯豆腐など鍋物のつけダレや、焼肉・餃子・焼魚のタレに、またサラダのドレッシングにも使えて、用途はいろいろ。360ml と使い切りやすい容量です。

①サーモンは1 切れを4 等分に切り、塩を振る。えのきは根元を切り落としてほぐす。アスパラはサッと茹でて2 ~ 3㎝に切る。
②フライパンにバターを溶かし、皮目を下にしてサーモンを入れ両面をこんがりと焼き、取り出しておく。
③同じフライパンにごま油を引き、えのき、もやし、アスパラを炒める。
④えのきがしんなりしたら、②で取り出しておいたサーモンを戻し入れる。
⑤A をまわし入れて混ぜ、こしょうを振る。
⑥器に盛りつけ、お好みで紅しょうがを添える。


【POINT】

サーモンは皮目がこんがりするまで焼いてからひっくり返すと、身が崩れずふんわりと焼けます。

【料理の特徴】

アスパラとサーモンで見た目も鮮やか。バターの香りが食欲をそそります。ぽん酢を使うことでさっぱりとした仕上がりになり、野菜もたっぷり食べられます。

【旬の食材:アスパラガス】

春のアスパラは柔らかく甘みがあり、サッと茹でるだけで簡単においしい旬を味わうことができます。長野県は北海道に次ぐ全国2位の生産量を誇り、みなみ信州では県内でも早くから出荷が始まります。グリーンアスパラの他に紫アスパラやホワイトアスパラも生産されています。食感や料理によってお好みのアスパラを選び楽しんでみましょう。

暮らしの情報

ページTOPへ