新じゃがいものウィーン風サラダ

【今月のエプロンサポーター】上郷地区 岡田 玉樹さん一押しレシピ

新じゃがいものウィーン風サラダ

【材料:4人分】

新じゃが芋……中3個(男爵がおすすめ!)
玉ねぎ…………1/2個
パセリ…………少々

〈A〉
Aコープほめられ酢………大さじ5
マスタード………大さじ1
コンソメの素(キューブ)……1個(顆粒は大さじ1/2)


オリーブ油………大さじ1
じゃが芋茹で汁………50㏄
塩……ひとつまみ


【作り方】

①〈A〉とみじん切りにした玉ねぎを混ぜ合わせておく。
②じゃがいもは皮をむき、食べやすい大きさに乱切りにする。
③鍋に湯を沸かし、塩ひとつまみとじゃがいもを入れて茹でる。
④茹であがったらざるに上げお湯を切る。
※ここでざるに上げる前に茹で汁を50㏄取っておく。
⑤じゃがいもが熱いうちに①に50㏄の茹で汁を加え、更にオリーブ油を入れ和える。
⑥器に盛り、パセリを散らしたら出来上がり。


【POINT】

じゃがいもが熱いうちに和えると味がよくなじみます。〈A〉 にレモン汁を適量加えてお好みの酸味にアレンジしてみてください。

【料理の特徴】

ほくほくの新じゃがいもに、ほめられ酢のやさしい酸味とマスタードがピリッとアクセントになり箸がすすむ一品です。冷めてもおいしくいただけます。

【旬の食材:新じゃがいも】

 『新じゃが』は品種名ではなく、掘りたてのまま出荷されるじゃがいものことです。皮が薄くみずみずしいので揚げたり煮たりするのに向いています。皮つきのまま、まるごと水からゆっくり茹でるとほっくりと茹であがります。新聞紙に包んで通気性のいい冷暗所か野菜室で保存しましょう。

暮らしの情報

ページTOPへ