• ホーム
  • NEWS
  • 女性部グループと児童がジャガイモ収穫/豊作に児童の歓声

女性部グループと児童がジャガイモ収穫/豊作に児童の歓声

協力して掘る児童

協力して掘る児童

JAみなみ信州女性部目的別グループじゃがじゃが応援団は7月21日、下條小学校3年生37人とジャガイモの収穫を行いました。JA・行政関係者も応援に駆けつけ、小学校近くの2aの畑で4月に植え付けした男爵を収穫しました。
 
児童は各班で協力し、手で土をかきわけジャガイモを掘り起こし「こんなに大きい!」、「こんな面白い形が取れた」と次々とバケツに入れ、重くなったバケツを同校まで運びました。
応援団と同校はジャガイモ栽培で交流を初めて13年目です。収穫したジャガイモを使って行う料理講習会も恒例となっています。代表の亀割正子さん(73)は「子どもたちの笑顔を見るのが喜び。いつもパワーをもらっている」と活動を楽しんでいました。
担任の藤巻伸行教諭は「たくさん収穫でき児童も活き活きしている。このジャガイモ作りを通じて土との触れ合い、作物を作る楽しさを学んで欲しい」と話しました。
収穫したジャガイモは、同校給食に使われるほか、参観日に児童が保護者に販売する予定です。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ