• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】「THE COZY」を村長に贈呈 地域の若手農家増加のきっかけに

【NEWS】「THE COZY」を村長に贈呈 地域の若手農家増加のきっかけに

金田村長に「THE COZY」を手渡す古田さん(左)

金田村長に「THE COZY」を手渡す古田さん(左)

JA青年部果樹班の古田孟さん(29)は5月27日、下條村役場を訪れ、金田憲治村長にJA青年部果樹班有志が今年仕込んだ「THE COZY」を贈呈しました。

同シードルには、古田さんが栽培する原料も使用されており、同村内でもTHE COZYの認知度を高めることと、りんごの生産農家の増加や担い手若手農家への取り組みの強化支援をお願いしようと訪れました。
同班有志で作るシードル販売は今年で3年目となり、飯田市座光寺、上郷と下條村のメンバー6人が栽培するサンふじ、シナノゴールド、紅玉、シナノスイート、千秋、王林、ラ・フランスを使用。
昨年までは辛口のみでしたが、女性からの要望が多かった甘口を今年度新たなラインナップに加えました。
古田さんは「今は下条地区に青年部果樹班の仲間がなく、この取り組みを知ってもらうことで近くに仲間ができればうれしい。青年部のシードルづくりから様々な方とつながりができることがわかり、新たなやりがいも感じるのでぜひ広げていきたい」と話しました。
金田憲治村長は「農業の担い手、後継者問題は村としても大きな課題で、若い方の挑戦は村としても大変ありがたい。魅力ある農業のモデルになってもらえるよう、これからも頑張ってほしい。村としても様々な面で支援していきたい」と激励しました。
同村は、JA管内でも梨の産地として知られていますが、多くの園地が老木園地からの改植時期を迎える中で、新たな品目の一つとしてりんごの高密植栽培をJAでも勧めています。
シードル「THE COZY」の販売は同村でも、この日に先駆けて5月21日より陽皐地区のショッピングひさわで取り扱いを始めました。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ