• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】主力品種がいよいよスタート 中生桃初出荷

【NEWS】主力品種がいよいよスタート 中生桃初出荷

目視による選果作業

目視による選果作業

JAは7月21日、桃の主力品種「あかつき」と「白鳳」の初出荷を行いました。
営農部によると、7月の長雨による日照不足から糖度は平年より少し下回るものの食味が良いものが出ています。

この日、いいだ果実選果場(飯田市)にはあかつき12ケース(1ケース9㎏)、白鳳4ケース、松川インター選果場(松川町)はあかつき9ケースの出荷があり、選果作業後JA直売所に送られました。
当JAの中生桃出荷のピークは7月末から8月上旬を見込み、中京の市場をメインに関西や九州、関東へも出荷を予定しています。
JA営農部桃チーフの原章郎担当(28)は「長雨の影響をかなり心配していましたが、今日出てきたものはしっかりとした果肉で少し安心しました。糖度や色づきには収穫前の日照時間が大切なので、これからの天候に期待したい」と話しました。
JAの中生桃の出荷量は700㌧を見込み、そのおよそ3割となる220トンがふるさと納税返礼品やJA農産物総合DMセンターの予約販売で占め、直売所販売を含めると約4割、と産地ブランドが地区内外に定着しています。
販売課の松重恵佑担当(28)は「生産者の方はいいものを出そうと懸命に努力してくれています。販売面で農家所得の向上に貢献できるよう、しっかり売っていきます。JA果実出荷の本格的なスタートの品種なので、次の品目へつなぐためにも今年度のいいスタートを切りたい」と話しました。



NEWS

ページTOPへ