• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】第71回下伊那子山羊市場 子山羊共進会

【NEWS】第71回下伊那子山羊市場 子山羊共進会

共進会の様子

共進会の様子

子ヤギのせり会場

子ヤギのせり会場

JAみなみ信州畜産協議会、JAみなみ信州、JA全農長野県本部は8月4日、飯田市大瀬木の三尋石集畜場で「第71回下伊那子山羊(ヤギ)市場」を開催しました。

せり前に行った共進会では、下條村の川上健吾さんが出品した雌ヤギが知事賞に選ばれました。
ヤギ市場は全国的にも珍しく、登録されるヤギの市場としては日本で唯一です。
同市場の子ヤギは全て登録され、血統書が発行される日本ザーネン種。
雌9頭、雄5頭が出品された子山羊の共進会では、畜産技術協会や県飯田家畜保健衛生所の役職員らが審査員を務め、体格や乳房、生殖器の形質などを評価しました。
県知事賞を受賞した川上さんは山羊の畜産農家を30年ほど続ける大ベテランで、現在4頭の親山羊を飼育しています。
幾度目かの受賞という川上さんは「7月開催予定が豪雨により延期となり開催されるか心配していたが市場ができてよかった。賞は何回受賞してもうれしい」と話しました。
共進会、表彰式後に行われたせりには、前年より8頭少ない31頭(2月から5月までに生まれた雌26頭、雄5頭)が競りにかけられ、購買者20人が参加しました。
雌の平均価格(税込)は49,923円で、最高価格は113,300円、雄の平均は55,440円、最高価格は78,100円で、全頭平均では50,813円でした。
同市場は、会場入口での検温や手指消毒、参加者全員のマスク着用、競り場でのソーシャルディスタンス、関係者のフェイスシールド着用、時間短縮など新型コロナへの対策を施し開催しました。
 
入賞者は以下の通り 
◇県知事賞=川上健吾さん(下條村)◇雌の部▽特別優秀賞=川上健吾さん(下條村)▽優秀賞=小林俊夫さん(大鹿村)▽優良賞=長沼弘明さん(飯田市)
◇雄の部▽特別優秀賞=原洋一さん(阿智村)▽優秀賞=熊谷宗明さん(松川町)▽優良賞=横前修さん(喬木村)


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ