• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】JAと園児で稲刈り 収穫米は福祉施設へ寄贈

【NEWS】JAと園児で稲刈り 収穫米は福祉施設へ寄贈

真剣に稲を刈り取る園児

真剣に稲を刈り取る園児

JA下久堅支所は10月5日、飯田市立下久堅保育園園児48人と稲刈り(風さやか)を行いました。

同支所では、14年前から同地区で耕作できなくなった田んぼ(7アール)を借り受け、同支所職員で栽培、管理をしている。今年春には同園園児とともに田植えを行いました。
この日最初に、年長園児が、一人ずつ順番に一束ずつ鎌で稲を刈り取りました。その後、園児らが畔で見守る中、ライスセンターのコンバインで残りの稲の刈り取りを行いました。
園児らは大きなコンバインが近づいてくると、稲の行方に興味津々。
「稲はどうなっちゃったの」「どうやって中に入ったの」などと声を上げ、その後、コンバインからお米が出てくるところまでを見学し、「こんなに入っていたの~」と驚きました。
稲が刈り取られた後の田んぼには、バッタ、イモリなどが顔を出し、園児らは虫遊びにも講じました。
同園の田畑いづみ園長は「田植えと稲刈りを経験させていただいたことで、いつも食べているお米がどうやってできるのかよく知ることができた。食べ物の尊さも学ぶことができありがたい」と話しました。
矢澤支所長は「こうした取り組みを通じて、少しでも地域に貢献していきたい。子供達には、稲を刈ったり、昆虫に触れたりと自然を楽しんでもらえた」と話しました。
同園では刈り取った稲の一部を園に持ち帰り、自分たちで乾燥させ、ペットボトルを使い精米をする体験もします。
この日収穫した7俵のお米は、乾燥させた後、同園、同地区健康福祉委員会、日赤奉仕団、社会福祉法人あゆみ会に贈呈する予定です。 



NEWS

ページTOPへ