• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】全職員が農業研修 市田柿作業

【NEWS】全職員が農業研修 市田柿作業

市田柿の収穫方法を習うJA職員

市田柿の収穫方法を習うJA職員

当JAは全職員が特産の「市田柿」の生産過程の作業を体験する農業研修を行っています。

昨年から始めたこの研修は、JAを代表する品目への理解を深め、組合員との対話活動に生かし、販売額の増大を実現することを目的としています。
「市田柿」は2016年、県内で初めて地理的表示(GI)保護制度に登録され、JA柿部会の第48回日本農業賞集団組織の部での大賞受賞や、当JAが第58回農林水産祭の多角化経営部門で内閣総理大臣賞を受賞するなど、JAの基幹的な品目です。
JAは17年に作成した「10年ビジョン」で、地域全体の「市田柿」生産販売額100億円を目指すことを挙げています。昨年から取り組む3ヵ年計画では「組合員とのつながりの強化」を重点事項に盛り込み、その具体策としてJA職員の対話活動を促しています。
研修は、別に新人農業研修を行う入組2年目までの職員を除く正職員477人が対象。7、8月の摘果、10月下旬から11月中旬までの収穫、11月中旬から12月の加工作業を予定します。
今年度の収穫作業研修は10月28日から開始しました。
11月9日、金融や総務、営農などの職員5人は、JAのグループ会社「市田柿本舗ぷらう」が管理する園地で、同社職員の指導を受けながら1日収穫作業を行いました。
参加した金融部の橋爪桂子さんは「市田柿の収穫は初めての体験でしたが、選別しながら一日行う作業は思った以上に大変で、農家さんの苦労が垣間見えました。組合員の方との対話をこれまで以上に大切にしていきたい」と話しました。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ