• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】女性部阿智支部 初めての食育授業

【NEWS】女性部阿智支部 初めての食育授業

部員の作り方を真剣に見つめる児童

部員の作り方を真剣に見つめる児童

JA女性部阿智支部は12月11日、阿智村阿智第一小学校5年生(33人)の五平餅づくりの講師に招かれ、同支部役員2人とエプロンサポーター2人が参加しタレ作りやご飯をつぶしての形作り、焼きの調理工程を指導しました。

今年度田んぼづくりを行ってきた同校5年生の児童に、収穫の喜びや食べることの大切さ、大変をしっかりと感じてほしいと、同年担任の川口純教諭が同支部へ相談し、兼ねてより子どもたちへの食育活動をしたいと検討していた同支部も賛同し、今回初めての指導となりました。
同支部の櫻井幸恵支部長は「五平餅をつくり、楽しく味わってもらうことから郷土食に興味を持ってもらえることはうれしい。家で作るご家庭も減っているので、伝統食を守るきっかけの一つになれるといい」と話しました。
児童は名前を入れた串でそれぞれ1人2串を作りました。炭焼きでは五平餅が串から落ちてしまったり焦げてしまう場面もありましたが、友達と協力し合い楽しく調理を行いました。
本島瑚都さん(10)は「みんなで頑張ったお米だから絶対美味しくできている。家族にも食べてもらいたいし、今度はおばあちゃんと作ってみたい」と話しました。
川口教諭は「地域の方と触れ合う機会は児童にとっては貴重な経験で、交流できてよかった。。給食で出されるお米も阿智村産なので一年と通したお米作りから、大切なお米を毎日食べていることを感じてもらいたい」と話しました。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ