【NEWS】2021年仕事始め式

決意を込め目入れを行う寺沢組合長

決意を込め目入れを行う寺沢組合長

JAは1月4日、飯田市鼎のJA本所で仕事始め式を行いました。
本所課長以上の役職員およそ30人が出席し、新年への決意を新たに2021年のスタートを切りました。
寺沢寿男組合長は「新型コロナが拡大し収束がいまだ見えない中ではありますが、私たちは昨年の経験を生かし組合員や地域を守っていかなくてはなりません。組合員、地域住民、また職員が豊かな生活を営んでいくよう、全職員のエネルギーを結集し一歩一歩確実に目指す農協に向かって進んでまいります」と新年の豊富を述べました。
寺沢組合長をはじめ、役職員の代表者らがだるまの目入れを行い、決意を固めました。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ