• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】伝統行事「成り木責め」で豊作祈願

【NEWS】伝統行事「成り木責め」で豊作祈願

成り木責めでナタを振り下ろす熊谷部会長

成り木責めでナタを振り下ろす熊谷部会長

柿の木役で傷口にお粥を塗るJA果実柿課課長

柿の木役で傷口にお粥を塗るJA果実柿課課長

飯田下伊那地域の特産品「市田柿」の農作を願う伝統行事「成り木責め」が1月20日、飯田市上郷のJAみなみ信州いいだ果実選果場近くの圃場で行われました。

JA柿部会の熊谷和郎部会長(71)が園主役となり「成りそうろう(候)か 切りそうろうか 成らんというならぶち切るぞ」と柿の木をナタで2、3度切込みを入れ、柿の木役を務めたJA果実柿課の羽生弘之課長が「成ります 成ります 鈴なりに」と応じ、傷口にお粥を塗りお神酒を供えました。
熊谷部会長は「子どものころに見た様子を思い出し、掛け声をかけました。秋には沢山の柿が成ってもらいたい」と話しました。
成り木責めは小正月の早朝に行う行事として古くは多くの農家で見られた伝統行事でしたが、現在はほとんど見られなくなりました。
飯田市農業振興センターは、この伝統行事を継承していこうと、2011年から市田柿剪定講習会に合わせて行っています。
生産者団体と行政で組織する市田柿ブランド推進協議会は、昨年市田柿の名称で販売を開始し100周年を迎えた記念として、JAと下伊那園芸農業協同組合の2団体でそれぞれ成り木責めを行いました。
熊谷部会長は「昨年は長雨や干ばつの影響から不作の年になってしまった。今年こそは良い年になるよう願います。市田柿とともに古くから継承する伝統行事も大切に、みんなで守っていきたい」と話しました。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ