• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】女性部「Spica(スピカ)」小麦の栽培から調理までを食育活動に

【NEWS】女性部「Spica(スピカ)」小麦の栽培から調理までを食育活動に

小麦の麦踏みを行う児童

小麦の麦踏みを行う児童

JA女性部喬木支部のフレッシュミズグループ「Spica(スピカ)」は2月12日、下伊那郡喬木村の喬木第一小学校5年生を対象に、小麦の麦踏み体験を行いました。同校近くの8アールの畑で5年生47人が参加し、30分ほど作業を行いました。

同グループは昨年、同校近くに遊休農地を借りられたことから、発足当時からやりたかった「栽培から調理まで一貫した小学生への食育授業」を同校へ相談し、今年度から始めました。
11月に児童と種蒔きした小麦の種はこの日、3㎝ほど芽を出していました。参加した児童は「強く踏み込んで」と同グループメンバーから指導を受けながら一列に伸びた小麦の芽を横歩きし踏む作業を行いました。作業を終えた児童は「寒かったけどみんなとできて楽しかった」「沢山収穫できると嬉しい」と話しました。
同グループメンバ―の高橋聡子さんは「収穫までの過程を児童の皆さんに体験してもらい、小麦を通して農業の大切さや食の尊さを感じてもらいたい」と強調しました。
5年2組の曽根原亮教諭は「授業で小麦の国内自給が少ないことを学んだばかり。実際に栽培体験できることはありがたい経験です」と感謝しました。
今後は、春先の草取り6月に収穫を予定し、ピザづくりなど調理自習を計画しています。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ