【NEWS】八重桜「関山」出荷最盛期

八重桜「関山」の集荷作業

八重桜「関山」の集荷作業

八重桜「関山」の集荷作業

八重桜「関山」の集荷作業

JAみなみ信州管内で、和菓子や桜茶などに使う八重桜「関山」の出荷が最盛期を迎えています。4月15日、松川町のJA生田事業所で集荷作業を行い、12人の生産者から約170㎏の桜の花を受け入れました。
 
八重桜は一房に5輪ほどの花がつき、そのうちの2輪が咲くころ合いを見て一房ずつ手作業で摘み取ります。JAでは松川町生田地区を中心におよそ60人の生産者が栽培し、今年は3500㎏ほどの集荷を予定し、4月末まで収穫作業が続きます。集荷された八重桜はJA生田事業所の集荷施設で集荷し、地元や県外の加工業者に出荷します。主には食用に塩漬け加工され春の和菓子や土産品などで利用されていますが、最近では桜の香り付け用に化粧品などにも利用されています。
「関山」はピンク色が濃く花弁が落ちにくい品種で、同地区での栽培は昭和50年代後半から始まり、3年前までは集荷した関山を同事業所内で塩漬け作業まで行っていました。
この日集荷に訪れた生田地区の吉田ヒサ子さん(72)は「今年は霜の心配もあったが色も濃く、良い仕上がり。10年以上栽培しているが、今年はこれまでで一番なほど開花が早くびっくり。収穫のころ合いを見ながらの収穫作業は手がかかるが頑張ります」とおよそ10kgを持ち込んみました。
JA営農部の市村茂人担当は「手間のかかる収穫作業ですが、生産者の方は規格に合わせ一生懸命作業してくれています。今年は色づきも良く良質なものが出てきていますので、目で見て味わって四季を楽しんでもらいたい」と話しました。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ