• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】上郷小10年ぶりの米作り JAと地域が支援

【NEWS】上郷小10年ぶりの米作り JAと地域が支援

楽しく田植えをする児童たち

楽しく田植えをする児童たち

飯田市上郷の上郷小学校は6月8日、10年ぶりのお米作りが始まり、5年生70人が田植えを行いました。




上郷小学校では以前作っていた田んぼが駐車場になって使えなくなり田んぼ作業ができずにいました。その間りんごの摘果など農業に触れる活動をしてきましたが、「今年は子供たちに米作りをさせたい。みんなで田んぼ作業がしたい」と上郷小学校からJAに相談がありました。そこでJA上郷支所営農課で地域の生産者をあたったところ、同地区の櫛原博人さん(56)が快く田んぼを提供し、10年ぶりに米作りを再開しました。櫛原さんは田植えをするにあたり代掻きや草刈りなど近所の方と協力して準備し子供たちを迎えました。
この日は営農課職員から田植えの仕方の説明を受け、およそ5㌃の田んぼ半分にうるち米の苗「風さやか」を植えました。児童たちは稲を植える係、印の付いた紐を持つ係、稲を渡す係に別れ「動かしまーす!植えてくださーい!」「こっちにも稲くださーい!」など声を掛け合いながら賑やかに作業を行いました。
櫛原さんは「子供たちの元気で楽しそうな姿が見られて嬉しい。これからも続けていきたい。来年は御柱祭があり、この田んぼの藁を祭の縄に使いたいと考えている。子供たちと一緒に祭にも参加できたら」と話しました。
この日田植え作業をする児童を見た5年生担当の松沢徹教諭(45)は「普段自然に触れる機会が少ない中、今日は子供たちがとてものびのび作業できていた。収穫後どのようにするかは子供たちと相談しながら進めるが、収穫祭ができたらうれしい」と話しました。
上郷営農課の小池洋司課長は「米作りをさせたいという先生の熱意にJAとしてどうしても応えたかった。田んぼ探しに苦労したが、このような立派な田んぼを貸していただけることに感謝している。これからJAも協力して子供たちと米作りを頑張っていきたい」と話しました。
この田んぼでは、後日残り半分に同じく5年生がもち米「モリモリモチ」を植え、10月に稲刈りを予定しています。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ