• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】女性部喬木支部「夏休み親子料理教室」

【NEWS】女性部喬木支部「夏休み親子料理教室」

楽しく料理をする参加者ら

楽しく料理をする参加者ら

JA女性部喬木支部は、8月5日喬木村福祉センターで「夏休み親子料理教室」を行いました。

この教室を毎年行ってきた喬木支部ですが昨年中止したこともあり、また地域の子どもが楽しみにする夏休みもなかなか出かけることができずにいることから「今年は何とか再開したい、子供たちの夏休みの楽しい思い出の一つを作りたい」と、できるための準備を進めてきました。
喬木支部の松澤みや子支部長は「まずは再開できてよかった。真剣に取り組む子供たちや、大人の皆さんも楽しんでいる姿を見ることができてうれしかった」と振り返りました。
この教室は今年で6回目を数え、6組の家族(子ども10人、大人6人)の計16人と同支部役員やJA理事、職員が参加しました。家の光協会提供のレシピを参考に"ライスピザ""蒸しダイズとヒジキのサラダ""甘酒氷のキューブ入りオレンジジュース"の3品を調理しました。
小学1年生の孫、碧(あお)くんと今回初めて参加した市瀬るり子さんは「夏休みの予定がなく困っていたところだったのでありがたかった。孫と料理ができるので楽しみ。私にとっても良い思い出になる」と笑顔で話しました。
参加者には包丁を初めて握る子供もいましたが、大人に見守られながら慣れない手つきでもしっかり切ることができ良い経験になりました。
料理を終えた市瀬碧くんは「包丁が難しかったけど上手に切れて楽しかった。お家でもまた料理したい」と話しました。
喬木支部は将来の農業や食を守るためには子どもへの食育が大切だと考え継続した取り組みを大切にしています。この企画以外にも、地元保育園や小学校に出向き食育活動も行っています。
松澤支部長は「これからも食べる、育てる、作ることを通じて地域へのつながりを大切にしていきたい」と話しました。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ