• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】オリジナルカレンダー写真コンテスト審査会

【NEWS】オリジナルカレンダー写真コンテスト審査会

厳正な審査をする審査員

厳正な審査をする審査員

JAは9月9日、本所会議室で「JAみなみ信州2022オリジナルカレンダー写真コンテスト」の審査会を開きました。


このコンクールは2010年から行っており、JAのカレンダーは毎年およそ25,000部発行し組合員に配布している人気のオリジナルカレンダー。12ヶ月の月めくり形式で、各月に1点ずつ農業と共にある南信州の季節や文化を感じる写真が組合員の目を楽しませています。コンクールではこのカレンダーに掲載する各月賞12点を選考。その中から最優秀賞、優秀賞が選出されます。
今年のテーマは「農業と共にあるくらし~未来に残したい農風景や地域の文化・祭り~」で、令和2年1月1日以降及び飯田下伊那地域で撮影された作品に限定。1人5点まで応募できます。今年度は10代から80代までの幅広い世代の44名から118点の応募がありました。
昨年は新型コロナウイルス感染症拡大により審査会は行わず審査員がWebや郵送で審査しましたが、今年度は感染症対策を講じての審査会開催となりました。審査員は応募された写真を手にとってじっくりと審査しました。 
コンクールでは理事、農協青年部役員、JA女性部役員、JA果樹婦人部役員、総合企画室長ら14名が審査員を務め、厳正な審査が行われました。
審査委員長を務めた小林正和専務は「多くの皆さんから毎年たくさんのご応募をいただき大変ありがたい。テーマに沿った素晴らしい作品が多く審査するのに苦労した。2022年のカレンダーも良いものが出来上がると期待している」と講評しました。
JAでは10月下旬に同コンクール表彰式を予定し、カレンダーは11月中旬に組合員へ配布を予定しています。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ