• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】地元生まれの赤梨「南水」がスタート

【NEWS】地元生まれの赤梨「南水」がスタート

選果作業が始まった南水

選果作業が始まった南水

JAは9月8日、いいだ果実選果場と松川インター選果場で赤梨「南水」の選果を開始しました。例年より10日ほど早く、昨年より1日遅いスタートとなりました。この日いいだ果実選果場には、飯田市で収穫された南水204コンテナ(1コンテナ約9kg)が持ち込まれ、選果し箱詰めされた南水を関東、関西方面の市場へ出荷しました。

南水は長野県南信農業試験場で生まれた赤梨で、糖度が高く日持ちが良いのが特徴。地元生まれの優良な梨としてJAが自信を持って勧める品種です。JA管内の栽培は30年ほど前から始まった南水では当初9月下旬としてきた出荷時期が温暖化や樹勢が弱まってきたことから年々早まる傾向にあり、およそ3週間ほど早まってきています。
営農部によると、今年は春先の低温により着果量は若干少ないがその後は順調な生育で進み、玉伸びも良好で瑞々しい南水に仕上がっています。今年の出荷量を163,000ケース(昨年実績177,250ケース、前年比92.0%)を見込んでいます。JAでは10年ほど前から南水を台湾への輸出にも取り組んでおり、今年は11,000ケースの輸出を計画しています。
営農部果実柿課の梨チーフ牧野友宏主任は「いよいよ地元生まれの南水が始まりました。生産者の皆さんが丹精込めた南水が収穫されています。ぜひ多くの方に甘い秋の味覚を楽しんでもらいたい」と意気込みを語りました。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ