• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】支部でもフードドライブを JA女性部で活動の輪広がる

【NEWS】支部でもフードドライブを JA女性部で活動の輪広がる

集まった食材を寄付する支部三役

集まった食材を寄付する支部三役

JA女性部松川支部は9月21日、女性総代選出会議の開催に合わせて参加者に協力を募りフードドライブを行いました。





各地で広がりをみせるフードドライブは、家庭で食べきれない食べ物を持ち寄り地域の福祉団体や子ども食堂などに寄贈する活動のことで、食品ロスを減らす取り組みとしても注目されています。JAでも女性部を中心に取り組んでおり、他支部で行われているフードドライブを受けて松川支部でも取り組もうと声があがりました。
この日は会議に参加したおよそ14名が協力し、米7.1kgのほか缶詰、瓶詰や乾麺などおよそ30点の食材が集まりました。集まった食材は支部三役が松川町社会福祉協議会へ届けました。松川町社会福祉協議会では月に1回松川町内で食材を必要としている方々に向けて食材配布会を行い、集まった食材を配布しています。食材を受け取った松川町社会福祉協議会の担当者は「たくさんの協力をいただけてありがたい。必要とする方のもとへ届けさせてもらう」と感謝を述べました。
下村幸江支部長は「多くの方に賛同いただいて予想以上に食材を集めることができた。地元でも困っている人がたくさんいると聞いているので、少しでも力になれたら嬉しい」と話しました。今後も松川支部では活動に合わせてフードドライブを計画する予定です。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ