• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】JAみなみ信州で初「ぐんま名月」選果開始 

【NEWS】JAみなみ信州で初「ぐんま名月」選果開始 

選果が始まった「ぐんま名月」

選果が始まった「ぐんま名月」

JAは10月22日、JAで初めてとなるりんご「ぐんま名月」の選果を開始しました。


初日となったこの日松川インター選果場では松川町、豊丘村で収穫された420kgを受け入れ選果作業を行いました。
「ぐんま名月」は、名前の通り群馬県で生まれた品種。果皮は黄色で強い甘みがあり、酸味が少なくとてもジューシー。炭疽病などの病気に強く栽培管理もしやすいことから、王林に代わる受粉樹としての期待が高くJAでは今後も普及していきたい考えです。JAではこれまで個人選果や生産者の直売所出荷でしたが、まとまった収量の確保を見込み共選果実の品種として選果場での取り扱いを始めました。
初年度となる今年は台風や病気の影響も少なく順調に生育しており、2トンの出荷を見込んいます。11月上旬に出荷のピークを予定しており、中京方面へ出荷していきます。
営農部りんごチーフの今井悠哉主任は「食味も良く収量も期待できる品種なので、今後JAとしてもしっかり広めていきたい。出荷時期が短いので見かけたらぜひ手にとって味わってもらいたい」と話しました。
JAでは11月5日から主力品種「サンふじ」の出荷を予定しており、りんごリレーもいよいよアンカーを迎えます。


NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ