• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】長く続く食育活動 地元小学生とさつまいも収穫

【NEWS】長く続く食育活動 地元小学生とさつまいも収穫

夕市グループと大勢で賑やかに作業したさつまいも掘り

夕市グループと大勢で賑やかに作業したさつまいも掘り

JA女性部飯田支部の目的別グループ「上飯田夕市グループ」は10月27日、丸山小学校2年生およそ70名とさつまいもの収穫を行いました。
この日はグループのメンバー6人が指導し学校近くの圃場で作業を行いました。
児童らは登下校の際に畑の様子を観察しては「さつまいも大きくなってきてるよ!」「もう少しで収穫じゃない?」と収穫を楽しみにしていました。いよいよ収穫を迎えた児童らは目を輝かせながら作業し、「大きいのとれた!」「たくさんとれた!」とあちこちで歓声を上げました。
児童らがのびのびと収穫する姿を見て松下みな子代表は「メンバーの平均年齢も79歳と高齢になっているが、元気をもらえるので子供たちとの作業を毎年楽しみにしている。今日も賑やかく収穫ができてうれしい」と話し、「活動を始めた頃の子供たちはもう30代になる」と活動の歴史の長さも振り返りました。
2年生担当の臼井拓哉先生は「毎年さつまいも栽培をさせてもらえ、地域のみなさんと交流しながら貴重な体験ができてありがたい。お世話になっている夕市グループのみなさんを招いてやきいも交流会を企画したいと考えている」と話しました。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ