• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】地域に支えられて 郷土料理「五平餅」づくり

【NEWS】地域に支えられて 郷土料理「五平餅」づくり

JA女性部メンバーに教わり五平餅を作る児童ら

JA女性部メンバーに教わり五平餅を作る児童ら

阿智村の阿智第一小学校5年生24人は10月25日、家庭科室でJA女性部阿智支部役員2人とエプロンサポーター2人の指導を受けて郷土食の五平餅づくりを行いました。





新型コロナの影響で例年行っていた収穫祭の代わりにと、昨年初めてJA女性部と五平餅づくりを行い好評だったことから、今年もJA女性部が講師に招かれました。この日五平餅に使った米は5年生が作り先日収穫したばかりの新米。JA阿智水稲育苗センターでも苗の提供や育苗センターの見学を受け入れるなど米づくりを支援してきました。
この日は「五平餅パーティー感謝の会」と題して米づくりを通してお世話になった方などを招きました。児童らは1人2本ずつ名前を書いた串を用意し、ガス釜で炊きすりつぶした米を手で串に巻付けて伸ばし、板のようにした「板五平」を作りました。およそ90本の五平餅を炭で焼き、クルミがたっぷり入ったタレの香ばしい香りが広がりました。児童らは女性部のメンバーのサポートを受けて友だちと協力しながら楽しく調理をしました。
5年生担当の太田五十鈴教諭は「今年の春頃から計画を進めてきて、こうして五平餅づくりができてJA女性部のみなさんには感謝しかありません。地域の方と交流しながら郷土食に触れ、子供たちにとって特別な経験になりまし」と感謝を述べました。
櫻井幸恵支部長は「自分たちが育てたお米で作った五平餅はとてもおいしく感じてもらえたと思う。食と農の大切さを実感してもらえたらうれしい」と話しました。
この日使った串は地元の食事処「門前屋」で手作りされたものを使用し、焼き機を無償で提供してもらいました。使う食材や焼き炭も地域産にこだわり郷土料理作りを楽しみました。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ