• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】実りの秋に感謝して コロナに負けずマレットゴルフ大会開催

【NEWS】実りの秋に感謝して コロナに負けずマレットゴルフ大会開催

JA職員と一緒にプレーを楽しむ参加者ら

JA職員と一緒にプレーを楽しむ参加者ら

JA松尾支所は12日、松尾河川敷マレットゴルフ場で年金友の会と農家組合合同のマレットゴルフ大会を開催しました。




 

松尾支所では例年、組合員や地域に向けた収穫感謝祭を開催。屋台やイベントを企画し楽しんでもらっていましたが、コロナの影響で昨年に引き続き中止しています。松尾支所では「できることだけでもやってつながりを持ちたい」と収穫感謝祭の一環で行っているマレットゴルフ大会は継続して行っており、今年も9チーム(1チーム3人)27人が参加しました。
この日は理事や職員も一緒になってプレーし参加者と親睦を深めました。初めてプレーするJA職員に参加者がホールごとのポイントを教え、「だんだん上手になってきた」と励ます場面も見られました。参加者は全36ホールをプレーし2時間ほど楽しみました。
毎日のようにマレットゴルフを楽しんでいるという斎藤久美子さん(83)は「気心の知れた仲間とわいわい楽しくプレーすることが健康の秘訣。今日も良いメンバーで回れて楽しい」と話しました。
松島基喜理事は「一緒にプレーすることで皆さんと交流することができた。今後も地域とのつながりをより大切にしていきたい」と話しました。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ