• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】JAみなみ信州畜産共進会表彰式 高品質で高い市場評価

【NEWS】JAみなみ信州畜産共進会表彰式 高品質で高い市場評価

雌の部 特別優秀賞を受賞した久保田義文さん

雌の部 特別優秀賞を受賞した久保田義文さん

去勢の部 特別優秀賞を受賞した伊藤公雄さん

去勢の部 特別優秀賞を受賞した伊藤公雄さん

JAとJA畜産協議会は12月21日、本所で、第24回JAみなみ信州畜産共進会(繁殖の部)の表彰式を行いました。受賞者とJA役職員、南信州農業農村支援センター、飯田家畜保健衛生所、JA全農長野の職員が参加しました。
繁殖の部の審査は新型コロナウイルス感染症の影響で生体の集合審査は行わず、今年4月~10月の市場販売価格で1頭あたりの平均価格の高い上位5名を表彰しました。雌の部は34戸、去勢の部では35戸の生産者が子牛を出荷しました。雌の部特別優秀賞には飯田市の久保田義文さんが選ばれました。去勢の部特別優秀賞には飯田市の伊藤公雄さんが選ばれました。
共進会副会長で中村彰営農担当常務は「生産者の努力により南信州牛は高品質だと京都市場から高品質で高い評価を受けている。信州プレミアム牛として需要が高まる中でも特に南信州牛をブランドとして取り扱う買参人も増えている。長引くコロナの影響や飼料の高騰も懸念されるが、JAとしてもしっかりと対策をとって畜産業の発展に努めていく。生産者の皆さんには引き続き高品質な生産に励んでいただきたい」と話しました。
久保田さんは「日頃から健康な牛を育てるように精を出している。皆さんに好まれる良質な牛をこれからも生産していきたい」と話しました。伊藤さんは「日々目と手をかけて育ててきた牛が評価されて嬉しい。これからも高品質な牛づくりに励んでいきたい」と話しました。
また新型コロナの影響などで牛乳の消費が落ち込む中、冷夏で生産量が増えたことで全国的に生乳廃棄が懸念されています。JAでもこの日は牛乳消費拡大を目的に、参加者に農協牛乳の200mlパックを配布し牛乳の消費を呼びかけました。



入賞者は次の皆さん。
【雌の部】
▽特別優秀賞:久保田義文(飯田市)▽優秀賞:松下厚(阿南町)、吉川嘉一(飯田市)▽優良賞:市瀬徹(飯田市)、串原肇(下條村)
【去勢の部】
▽特別優秀賞:伊藤公雄(飯田市)▽優秀賞:木下伸一(喬木村)、柴田佳洋(飯田市)▽優良賞:吉川嘉一(飯田市)、石原正(阿智村)

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ