• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】伊那谷の伝統的な正月飾り「おやす」作りを指導

【NEWS】伊那谷の伝統的な正月飾り「おやす」作りを指導

支部役員の指導で「おやす」を作る

支部役員の指導で「おやす」を作る

JA年金友の会高森支部は12月3日、高森町の社会福祉法人ジェイエー長野会の特別養護老人ホーム「あさぎりの郷」を訪問し、施設職員へ伊那谷の伝統的な正月飾り「おやす」の作り方を指導しました。指導の後、支部役員がしめ縄を作り玄関ホールへの飾り付けも行いました。
高森支部による「おやす」作りの指導としめ縄作りは毎年の恒例行事となっています。利用者に正月の伝統を感じてもらおうと施設から支部役員に相談したことで始まり、10年以上継続しています。
この日は支部役員4人が「おやす」の作り方を指導し、同施設職員7人が「おやす」を30個程作りました。初めて体験する職員もいましたが、作り方を教わりながら手際よく作業を進めました。
「おやす」作りのあと、支部役員が長さ4.5メートルのしめ縄を作り施設のホール入口へ飾り付けました。この日作った「おやす」は12月下旬から1月中旬まで利用者の部屋の入口に飾り、利用者に年末年始の季節感を楽しんでもらう予定です。
寺澤敏支部長は「今年もおやすとしめ縄を飾ることができて嬉しい。伝統的な正月飾りを見て、利用者に正月気分を感じてもらいたい」と話しました。
荒井重晴施設長は「今年もおやすとしめ縄を作ってもらい、利用者に正月の雰囲気を楽しんでもらえる。毎年指導に来ていただき有り難い」と感謝していました。









 

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ