• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】村の食と農を学ぶ 喬木第一小学校五年生の田植え

【NEWS】村の食と農を学ぶ 喬木第一小学校五年生の田植え

田んぼの中心に向かって田植えをする児童

田んぼの中心に向かって田植えをする児童

喬木村の喬木第一小学校5年生49人は5月24日、学校近くの7アールの田んぼで田植えを行いました。喬木村の食と農を学ぶ「喬木の食」と題した5学年総合授業の一環で、喬木村の農事組合法人喬木グランドファーム、JAみなみ信州喬木支所の職員を講師に4月の籾撒きから始めた5年生の米作り。この日は2クラスが田んぼの両端に分かれ、講師から指導を受けながら児童は横一列になって一つひとつ丁寧に手植えを行い、およそ1時間汗を流しました。



作業を終えた児童は「足を取られて尻もちをついたけど楽しかった」や「はじめは植え方が不安だったけど、みんなと協力してきれいにできて良かった」などと話しました。
5年1組担任の曽根原亮教諭は「みんな一生懸命に取り組んでいて、昔ながらの作業の大変さを感じてくれたと思う。子どもたちが実際に育てたり調べたりして、喬木村の食について1年を通して学んでいきたい」と話しました。
喬木小学校では今年度うるち米「天竜乙女」ともち米「もりもりもち」を昔ながらの手作業を中心に行い、「志げ子なす」など伝統野菜も栽培する予定です。
指導にあたった喬木支所の片桐清隆営農課長は「みんなで協力して作業してもらい、立派な田んぼになった。食べられるようになるまでの作業をしっかり学んで収穫を楽しみにしてほしい。田んぼには様々な生き物もくるので、いろんな視点で田んぼを見にきてほしい」と話しました。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ