• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】米作りのびのび楽しんで 丸山小で田植え

【NEWS】米作りのびのび楽しんで 丸山小で田植え

みんなでのびのびと行った田植え

みんなでのびのびと行った田植え

丸山小学校は5月25日、5年生79人が学校構内のおよそ1アールの田んぼで田植えを行いました。JA上郷支所が米作りを支援しており、この日も営農課職員3人が指導しました。天気も良く児童らは「気持ち良い」などとはしゃぎながらどろんこまみれになってのびのびと作業を楽しみました。


最初にJA職員が「苗を3本取り、親指・人差し指・中指で持ち2cm土に植え付けましょう」と苗の植え方を説明。男女2班に分かれ田んぼの真ん中で向かい合って1列に並び、田んぼの両端から張ったひもに沿って植え付けスタート。徐々に後ろへ下がるように植え付け、およそ1時間かけて飯田下伊那特産品種の天竜乙女を田んぼいっぱいに植え付けました。
指導した上郷支所営農課の清水俊行課長は「息の合った作業でスムーズにまっすぐきれいに植えられた。コロナ禍で活動が制限される中、子供たちの楽しそうな姿や笑顔がみられてうれしかった」と話しました。
収穫の秋まで、児童らが中心となって水の管理や草取りなどを行い米作りを楽しんでいきます。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ