• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】同じ地元で育つ児童らと米づくり 農協青年部山本支部の食育活動

【NEWS】同じ地元で育つ児童らと米づくり 農協青年部山本支部の食育活動

全員で1列になって行った田植え

全員で1列になって行った田植え

農協青年部山本支部は6月1日、山本小学校5年生2クラス40人が行う田植えを指導しました。学校構内にある1.5アールの田んぼでは田植えに向けて田起こし、代掻きも青年部が指導して一緒に行っており、いよいよ田植えの日を迎えました。部員の中には山本小学校の卒業生もおり、同じ地元で育つ子どもたちの作業を見守り、支援を続けています。
山本支所の松島希担当が田植え作業について説明し、全員が1列に並び一斉に田植えをスタート。児童らは「つめたーい!」「ぬるぬるしてるー!」などと泥の感触に歓声をあげ、「農業してるかんじがする!」と手作業での田植えを楽しみました。
この日作業を指導した大日向章副支部長は「子どもたちのいきいきとした表情や泥に触れた時の反応が新鮮で楽しんでいる様子が伝わってきた。農業の素晴らしさや大切さが伝わったらうれしい」と話しました。
金子誠太教諭は「普段から元気が良くやる気満々の5年生だが今日は一段と張り切って作業していた。これから収穫まで自分たちで責任もって管理して、お米づくりのたいへんさを実感しながら学んでいきたい」と話しました。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ